タイ バンプー(BANPU)

石炭採掘大手のバンプーではシンガポール子会社の
バンプーミネラルズを通じてオーストラリアのCentennial Coal社の買収を進めたい考えを示しています。
CFO財務責任者Somruedi Chaimongkol氏は
20億オーストラリアドル(およそ544億バーツ)を投じてオーストラリアの
石炭市場に深く参入できるとしています。
すでに40%の株式を保有していて、今後タイランド、インドネシア、オーストラリアの
3カ国において大きく展開するとしています。

買収成功の場合、オーストラリア国内の10鉱山を運営することになり、
今後の展開にも良い影響が出るとしています。

その後、
今週BANPUは624バーツまで上昇し、上伸しています。
センテニアル・コールの買収合意を受け、タイの各証券会社が同社株の推奨を引き上げました。