タイ証券取引所

インドネシア中央銀行は7月5日、政策金利を年6.5%に据え置くことを決めています。
これで据え置きは2009年09月から11カ月連続になっています。
景気は継続的に回復しています。

ただし、中央統計局が発表した2010年6月の消費者物価上昇率は
前月比0.97%、前年同月比5.05%と上昇率が高かったものの
「(中銀)目標の範囲内」として利上げの必要はないと判断したようです。