タイ サイアムシティセメント(SCCC)

セメント生産2位のサイアムシティセメント(SCCC)では
タイ政府に対して優遇税制の導入を呼びかけています。
8億5000万バーツ規模の2つのエコ事業を検討していて2年内に事業化します。

マネージングダイレクターPhilippe Arto氏は
経営陣ではすでに6億バーツの産業廃棄物処理による熱発電事業を
承認しているとしています。古くから産業廃棄物処理、熱発電事業を展開している
サイアムシティセメントでは今後もこの業態を増やしていくとしています。
サラブリ県にある、セメント工場近くに建設し、2012年までに稼動する計画です。

2010年以降、エコ事業の増加と顧客向けにもエコ製品の供給を増やしていくとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。