タイ証券取引所(SET)

タイ証券取引所のSET総合指数では
ヨーロッパ経済の悪化、タイの政情不安にもかかわらず上昇した結果になっています。
2010年6月時点で時価総額は6.4兆バーツとなっていて
2009年末から8.4%伸びています。

タイ証券協会の
アナリスト見通しでは849ポイントまで上昇余地があるとしています。
もっとも関心の高いことに関しては
政情リスク、となっていて、世界経済動向、タイ国内消費指数と続きます。

証券協会の見通しでは
アドバンスドインフォ(ADVANC)
バンプー(BANPU)
チャロンポカパーンフーズ(CPF)
カシコーン銀行(KBANK)
プルックサー(PS)
などを候補としてあげています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。