タイ証券取引所

韓国ロッテグループ傘下の湖南石油化学は、
マレーシア証券取引所上場の石化大手、タイタン・ケミカルを買収すると発表しました。
マレーシアとインドネシアにポリエチレンなどの生産拠点を持つ同社の買収により、
東南アジアへの本格進出を開始します。
株式取得は
筆頭株主である台湾の趙グループから37.3%、
マレーシア国営投資会社ペルモダラン・ナショナル(PNB)から35.3%。

タイタンは、自動車のプラスチック部品メーカーなどで使われるオレフィンの国内トップメーカー。
2009年の売り上げは16.4億米ドルとなっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。