タイ証券取引所

韓国ロッテグループ傘下の湖南石油化学は、
マレーシア証券取引所上場の石化大手、タイタン・ケミカルを買収すると発表しました。
マレーシアとインドネシアにポリエチレンなどの生産拠点を持つ同社の買収により、
東南アジアへの本格進出を開始します。
株式取得は
筆頭株主である台湾の趙グループから37.3%、
マレーシア国営投資会社ペルモダラン・ナショナル(PNB)から35.3%。

タイタンは、自動車のプラスチック部品メーカーなどで使われるオレフィンの国内トップメーカー。
2009年の売り上げは16.4億米ドルとなっています。