タイ インフラ2(鉄道路線開発)

JICAとタイ政府が協力しているタイ鉄道敷設計画では2路線が
進んでいます。日本国際協力機構JICAではブルーライン、レッドラインの
2路線に関して計画を発表しています。

現在あるバンコク鉄道ネットワークに関しては
タイ高速交通公社(MRTA)とバンコク都庁(BMA)が管理していて、
その他の地方鉄道などはタイ国鉄公社(SRT)が管理しています。

バンコク大量輸送交通整備事業のマスタープランでは2010~2029年までに12路線に増やす計画です。
5路線で鉄道敷設路線計画が決定済みになっていますが、
1 レッドライン41Km     バンスー駅~ランシット駅 バンスー駅~タリンチャン駅
2 パープルライン23Km   バンスー駅~バンヤイ駅
3 ブルーライン 13Km    バンスー駅~タープラ駅
         14Km    ホアラポーン駅~バンケー駅
4 グリーンライン 13Km   モーチット駅~サパーンマイ駅
5 グリーンライン 14Km   ベーリン駅~サムットプラカーン駅
となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。