タイ サハヴィリヤスチール(SSI)

鉄鋼生産最大手のサハヴィリヤスチール(SSI)では
英国にあるTeesside Cast Products社事業を5億USドルで購入すると発表しています。

Teesside Cast Products社はインドのタタ・グループの傘下でした。
2010年5月からシティバンクグループが交渉を重ねてMOU’(覚書)に調印しました。
社長の Win Viriyapraphaikit氏は鉄鋼上流過程の工場設備も保有していて
タタグループから譲り受ける形になります。

鉄鋼生産の競争力、価格の変動性を抑える、などの効果があります。
年間スラブ鋼を350万トンを生産可能な工場設備になります。
2011年の後半には本格的な再開を目指すとしています。

今後も鉄鋼業界は自動車産業の需要の高まりから東南アジアの鉄鋼ニーズが増えると
しています。