タイ MBKデベロップメント(MBK)

商業不動産開発、デパート経営のMBKデベロップメント(MBK)では
2010年~2011年の純利益(決算開始は2010年6月期より)は前年同期比+30%を目指すとしています。

Suvait Theeravachirakul代表取締役は
シーナカリン通りに誕生したパラダイスパークShopping mallで挨拶し、
消費者信頼度の指数も回復していて、売上も最低でも、前年比+10%伸びるとしています。

2009~2010年の決算では
売上85億7000万バーツでした。
しかしながら22億バーツ分は中堅銀行サイアムシティ銀行の株式売却分であったとしています。
純利益では25億4000万バーツで(うちの15億バーツの部分はSCIB株式売却から得た利益としています。)

今期は特別な株式売却などがあったものの、基本のビジネス
不動産リース事業、サービス事業、ホテル事業などは大きな変化はなかったとしています。
政情不安の影響が大きかったホテル事業は減収までいかず、ほぼ変わらずの売上であったとしています。

不動産リース事業では 1億2800万バーツ
ホテルビジネス(パトュムワンプリンセス、シェラトンクラビビーチリゾート)では   4890万バーツ
また旧名「セーリーセンター」のショッピングセンター「パラダイスパーク」は大幅な改修工事を終えて
高級ショッピングセンターとして生まれ変わっています。

不動産販売は1億9900万バーツまで落ち込んでいてこれは理由を政情不安と経済低迷だとしています。