インドネシア不動産

インドネシアの不動産マーケットではインドネシア政府が外国人の不動産所有を規定した場合
25億ドル規模のマーケットが出来ると見ています。
Bisnisインドネシアでは
2010年内には規定されるであろう外国人によるインドネシア国内の不動産所有に関して
数年後、不動産開発業者が外国人向けに10000戸以上の供給を行なうとしています。

中級以上のコンドミニアムなどを1戸25万USドル
と算定して25億USドルの見通しを示しました。
ジャカルタやバリ島を中心に外国人が購入するニーズが強まるとしています。

ジャカルタはまだインフラ開発が進んでいませんが
ジャカルタ北部とジャカルタ南部ではかなり風景が異なっていて、
おそらく南部での外国人購入比率が高まるのではと見ています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。