インドネシア不動産

インドネシアの不動産マーケットではインドネシア政府が外国人の不動産所有を規定した場合
25億ドル規模のマーケットが出来ると見ています。
Bisnisインドネシアでは
2010年内には規定されるであろう外国人によるインドネシア国内の不動産所有に関して
数年後、不動産開発業者が外国人向けに10000戸以上の供給を行なうとしています。

中級以上のコンドミニアムなどを1戸25万USドル
と算定して25億USドルの見通しを示しました。
ジャカルタやバリ島を中心に外国人が購入するニーズが強まるとしています。

ジャカルタはまだインフラ開発が進んでいませんが
ジャカルタ北部とジャカルタ南部ではかなり風景が異なっていて、
おそらく南部での外国人購入比率が高まるのではと見ています。