タイ タイ国営石油(PTT)

東南アジア(タイ・マレーシア)からの撤退を計画している大型小売チェーン店舗「カルフール」の事業売却計画で
総額10億米ドルの土地や建物の購入者を決める入札に、
タイの石油・ガス最大手タイ国営石油(PTT)が入札予定になることが発表されています。

PTTのCEOのPrasart 氏では
初回入札にPTTは単独で入札後、残れば複数のパートナーと組んで入札することもあるとしています。

PTTではタイ国内全土にPTTブランドのガソリンスタンドを展開しているため、
ミニマート的なものから小売り業として、GSと小売店舗の相乗効果もあるのではと見ています。

フランス小売り大手カルフールのシンガポールとマレーシアの店舗売却入札に
マレーシア:プライベートエクイティ(PE)+
ナビス・キャピタルが率いるコンソーシアム(企業連合)が参加すると発表しています。
同社はカルフールのタイの事業については入札に参加していないとしています。

カルフール(タイ・マレーシア・シンガポール)の3カ国での事業資産入札には、
フランス小売り大手のカジノ・グループ
イギリススーパー大手テスコ・グループ
シンガポールのデアリー・ファーム・グループなどが手を挙げると見られています。

また日本の小売り大手のイオン・グループもカルフールの
マレーシア、シンガポール、タイの事業買収に名乗りを上げる方針を固めました。

今回の入札と事業売却に関しては
シンガポールとマレーシアをを組み合わせた金額でUBS証券をアドバイザーに。
タイ事業にはゴールドマン・サックスをアドバイザーにしています。