タイ PTTケミカル(PTTCH)

PTTタイ国営石油傘下のPTTケミカル(PTTCH)では
新しい石油化学生産工場を中国で建設したい意向を示しています。
PTTCHのVeerasak Kositpaisal.CEOは会見で
中国はPTTケミカルの最大の輸出先国であり、将来的に現地生産も検討していくことを
コメントしています。

中国では現在、中国沿岸部から中国の中央部、西部へ開発が進んでいて
先進国が落ち込む2010年度も最低でも 8~9%の成長が持続するとしています。

他のライバルメーカーも中国進出をする中で弊社も同じくリスクを取って進出していく計画ですが
PTTCHの親会社は国営であり、今後進出に関してハードルがいくつかあるとしています。

計画が承認されれば2010年度見込み売上の50~60%は
伸ばすことが期待できるとしています。

懸念されていた環境汚染問題の裁判結果に関しては、
PTTCHではマプタプット工業団地内に7つのプロジェクとを保有していて、
ほぼすべてのプロジェクトを稼動する方向へ持っていくことができるとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。