タイ タイ国際航空(THAI)

タイ国際航空(THAI)では公募増資の価格を31バーツへ決定しました。
2010年の9月14日の株価36.25バーツであることから
この公募価格は14.48%割安価格で購入できるとしています。

タイ国際航空(THAI)のAmpon Kittiampon会長は
この公募価格で市場&投資家の信頼を得られる価格帯であると考えているとしています。

公募増資による調達は150億バーツであり、タイ国際航空では4億8300万株を発行します。

また同時期にタイの財務省もこの公募に参加。
51%の保有率を維持するために2億4600万株を購入。76億バーツを投資します。
その他の2億2100万株に関しては既存株主に公募する計画です。

タイ国際航空は資金繰りの悪化から公募を計画。
しかしながら公募自体は投資家のマイナス評価を得ています。

一方で観光客数が回復していることはプラス要因としていて、タイ観光庁とともに
観光キャンペーンを導入していて2010年後半は業績がさらに回復すると見ています。