タイ アドバンスド・インフォ・サービス(ADVANC) トータル・アクセス・コミュニケーション(DTAC)

タイ中央行政裁判所は9月16日に、
タイ国家通信委員会(NTC)National Telecommunications Commissionによる携帯電話3G通信の事業入札を
憲法違反とするタイ通信公社(CAT)の訴えを受理したと発表しています。これによって
9月20日に予定されていた事業入札は一時差し止めになりました。

携帯各社の株価は大幅に下落しています。
今回の入札に参加する予定であった
キャリア1位 アドバンスド・インフォ・サービス(ADVANC)
キャリア2位 トータル・アクセス・コミュニケーション(DTAC)
キャリア3位 トゥルームーブ(親会社TRUE)のタイの大手携帯キャリア3社が準備していました。

各社は2G通信システムに関しては
タイ通信公社(CAT)とタイ電話公社(TOT)へ通信利用料を支払うかたちになっていて、
通信キャリアには大きな負担、公社側には大きな収入になっていました。

2006年クーデターによる憲法改正で
軍事政権が制定した2007年度憲法の内容では通信・放送事業の監督を行う機関を
国家通信放送委員会(NBTC)National Broadcasting and Telecommunications Commission
とするとしましたがこちらはまだ設立に時間がかかっています。

今回のCATの訴えはNBTCが主導で3G入札事業をするべきでNTCがするべきではないと言う
のが主張ですが、3G技術が遅れているCAT&TOT側ではできるだけ時間を遅らせたい、
利権を奪われたくない姿勢が見えます。

憲法上は確かにNBCの3G入札実施は違憲という意見もありましたが、
このままNBCで入札がおこなわれるところをCATが滑り込んだかたちになっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。