タイの外交

タイの外交でサウジアラビアとの外交関係が悪化しています。
タイ文化省傘下の宗教局は、
在タイのサウジアラビア大使館が、メッカ巡礼を希望するタイ人イスラム教徒
1038人のビザ申請の受理を拒否したことを発表しています。
事実上の入国拒否となっていて
タイ人受け入れを外交上の問題に合わせて拒む意思表示をしています。

タイ国内では有名な「ブルーサファイア事件」があり、その後外交関係がぎくしゃくしています。
サウジアラビア政府は
サウジアラビア人の男性実業家を拉致、殺害した容疑で
2010年1月にタイで起訴されたソムキッド・タイ警察第5管区司令官が10月の
定例人事異動でタイ警察長官補に昇進することに強い不満を示していました。

タイ国内のイスラム人教徒は全体の数%ですが、
2010年メッカ巡礼を希望しているタイのイスラム教徒は13000人以上と推定され、
巡礼ビザが発給されない事が続くとアピシット政府に対する反発も強まるとされています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。