投資・サービスの自由化スタート

シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、そしてタイの東南アジア
諸国連合(ASEAN)の先進5カ国の証券取引所は、各国の証券取引所において
インターネット取引の整備を実施し、各国の取引所の有力銘柄上位30社の売買を
可能にすることで合意しています。
これにより、インターネットバーチャルでのASEAN証券取引所を設立させていく
見通しです。
オンライントレードにおけるIT技術の面、株式売買における租税の扱いの面で
クリアできれば実現可能だとしています。
タイからフィリピン市場の大手銘柄を購入したり、インドネシアからタイの市場の
銘柄を購入する時代がすぐそこまで来ています。