タイ 大気汚染度調査

バンコク都庁の大気汚染度調査では、大気汚染ワースト1はスクンビットエリア
であるとバンコク都環境事務局が発表しています。
都内で交通渋滞の激しい地区で調査した上で、スクンビット通り全地区、
ウドムスック地区、オンヌット地区、ラチャプロップ地区、チョークチャイ地区など
を挙げています。

調査は2009年12月~2010年7月まで。
6回に分けて粒子状物質を含む粉塵の量が基準を超えている地域を発表しています。

高層階に住めば(10階以上)蚊などが入ってこないため、便利であることと、
15階以上になってくると自然の風が入ってきますが、これも立地やベランダの向きに
よって変わります。