タイ 大気汚染度調査

バンコク都庁の大気汚染度調査では、大気汚染ワースト1はスクンビットエリア
であるとバンコク都環境事務局が発表しています。
都内で交通渋滞の激しい地区で調査した上で、スクンビット通り全地区、
ウドムスック地区、オンヌット地区、ラチャプロップ地区、チョークチャイ地区など
を挙げています。

調査は2009年12月~2010年7月まで。
6回に分けて粒子状物質を含む粉塵の量が基準を超えている地域を発表しています。

高層階に住めば(10階以上)蚊などが入ってこないため、便利であることと、
15階以上になってくると自然の風が入ってきますが、これも立地やベランダの向きに
よって変わります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。