ラチャダピセークの不動産の裁判

タクシン氏元夫人のポチャマン女史が入手していた
ラチャダピセークの不動産の裁判に関して
FIDF(Financial Insutitution Development Fund)側が7億7200万バーツで
ポチャマン夫人へ売却していた不動産を8億2300万バーツで支払うことで合意しました。

FIDFの委員会では裁判所の判断に基づき
これは利子分を含めて決定した金額としています。
裁判所ではラチャダピセークにある33ライの土地の4ブロックの土地を
返却するように命じ、FIDF側では7.5%の金利をつけた上で返却するように
判断しました。

この件はタクシン氏が隆盛を誇っていた時代2003年12月に
FIDF側がポチャマン夫人へラチャダピセークの不動産を売却したことが
低価格であったことが問題となり、返却を要求していました。

ちなみにこのラチャダピセーク周辺の不動産開発は
MRT地下鉄と、エアポートリンクの交差地区となるため、
セントラルグループの開発、コンドミニアムの開発が進んでいます。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。