インドネシア クラカタウ 不動産用地造成の着工式をスタート

韓国鉄鋼最大手ポスコは、インドネシアの首都ジャカルタから西に100キロ離れた
チレゴン市で、高炉型の一貫製鉄所の建設に向けた不動産用地造成の着工式を
スタートしています。
ポスコはインドネシア国営のクラカタウ・スチール(未上場)でと合弁で2013年
までに年産300万トン規模の製鉄所を建設します。
さらにその後も旺盛なインドネシアの鉄鋼需要に対応するために追加投資を
していき、鉄鋼生産能力を倍の年産600万トンクラスまで引き上げていくと
しています。

初期投資だけで27億USドルを記録していて、インドネシアで外資からの案件では
最大規模の投資額になります。

またクラカタウは2011年度には上場を控えていて、インドネシア国営企業の上場が
連続して続く見通しです。

他にもインドネシアのフラッグ・キャリアであるガルーダインドネシア航空なども
上場予定になっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。