東南アジア各国株式市場

東南アジア各国株式市場で11月1日の市場は上昇に転じました。
中国とインドが発表した10月の製造業購買担当者景況指数(PMI)が高い数字でした。
結果今後も東南アジアへの輸出需要が続くと見られています。

シンガポール証券取引所(SGX)は+1.58%の上昇。
タイ証券取引所(SET)は+1.91%高と大幅に伸びています。
特にタイ証券取引所ではおよそ14年ぶり高値を更新しています。
アジア通貨危機前の水準に戻した形になります。

インドネシアのマルトワルドヨ財務相はインドネシア株式市場へ急増する同国への
海外資金の流入に対処するために一段の資本規制を課す計画は現時点ではないこと
をコメントしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。