タイ 雇用

アメリカでは民主党が惨敗、共和党が躍進しています。
雇用問題で、景気が一部回復しても雇用が増えない、海外へ工場移転と言う流れが
日本と酷似しています。
タイ、インドネシア、マレーシアで移転された工場は新興国で雇用を生み、景気が
上昇、経済成長が加速しています。

また、タイの洪水が継続中です。
タイの南部でも洪水が発生していて、11県の地区で洪水が続き、11月3日現在で
19万6300世帯と68万2970名の被災者が出ています。

影響の大きい県は、ソンクラー県、サトン県、トラン県、ナラティワート県、ヤラー県、
パッタニー県などになっています。これら南部の県での死者数は12名が確認されています。

タイの中央部での洪水被災による死者数を合わせると120名を越えています。