マレーシア

http://www.tnsglobal.com/
リサーチ会社TNSグローバル社の「デジタル・ライフ」に関する国別リサーチでは、
インターネット上で最も交友関係の広い国民はマレーシアの国民となっています。
よりデジタルライフに依存している割合では53%となっています。
また、マレーシア、タイ、インドネシアでは爆発的にフェイスブックなどの
ソーシャル・ネットネットネットワーキング・サイト(SNS)が増加しています。
SNS上の「つながり」の数を比べると、
マレーシア人 233人
中国人     68人、
日本人     29人となっています。

またマレーシアではイスラム教義にのっとった「ハラル」がありますが、
海運大手のAPLではマレーシア国内でハラルに遵守した物流サービスを開始しています。

コンテナ清掃プロセス、運送する製品などの基準においてマレーシアのイスラム開発局
(JAKIM)のハラル認証を受けていることを証明しています。
マレーシアのクラン港発の海運サービスで船舶に関してスタートして、今後はペナンや
パシル・グダン港からのサービスも導入していきます。