タイ ミトポンシュガー(未上場)オーストラリア製糖会社の株式購入を計画

タイの精糖事業の最大手であるミトポンシュガー社ではオーストラリア証券取引所
(ASE)の上場企業であるMaryborough Sugar Factory(MSF)社の株式の19.9%を
購入する計画があると発表しています。
MSF社の株式の24.47%を保有するGuinness Peat Groupから購入するとしています。

今後ミトポンシュガーではオー ストラリア証券取引所の海外用ボードや1部上場への
アプローチも出来るのではないかと見ています。
また既存株主へ対して今後海外展開へメリットのある展開の戦略を進める必要があると
しています。

MSF社は2社の製糖工場をクイーンズランド州などに保有しています。
オーストラリアでも大手の製糖事業者になります。
ミトポンシュガー社はタイの最大手の製糖事業者で、街中での広告も良く見かけます。
サトウキビ生産、製糖事業で53年の歴史があり、マーケットリーダーです。
5つのコア事業があり、製糖事業、合板・パーティクル事業、バイオエナジー事業、
エタノール生産事業、倉庫物流事業を展開しています。
中国とラオスにも展開しています。

4位には上場企業コンケンシュガー(KSL)社があります。