1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア
  4. マレーシア上場企業ダガン・ネクスチェンジ社の2019年第2四半期業績 【マレーシア:デジタル】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

マレーシア上場企業ダガン・ネクスチェンジ社の2019年第2四半期業績 【マレーシア:デジタル】

マレーシア証券取引所(BRUSA)に上場している
ダガン・ネクスチェンジ(DNEX:4456)は、
2019年第2四半期の業績を発表しています。
同社は貿易のペーパーレス化を推進する企業です。

ペーパーレスで電子的な税関関連サービスを作成し、輸出入、
貿易、物流業界向けの国際取引プロセスの円滑化と合理化を
目指しています。

1989年に設立された同社はマレーシア貿易円滑化を
目的として、電子関税関連の取引と関税の支払いや、
製造業者、輸入業者と輸出業者、フォワーダーで
構成される取引コミュニティメンバー間の電子文書転送を
促進しています。

主な顧客は運送業者、ターミナルおよび港湾オペレーター、
銀行、港湾当局、許可証発行機関、税関などです。

2019年第2四半期の売上は7億2200万リンギ、
純利益は+1.5%増加し1235万リンギとなりました。
2018年業績は売上2億9300万リンギ、
純利益3530万リンギでした。

貿易取引の円滑化、eコマース取引の増加、および
Makkah Routeプロジェクト、システム統合および
コンサルタント業務の改善などが背景にあると
しています。

2019年上半期業績は売上1億4115万リンギ、
純利益は2428万リンギでした。
IT部門とe-Services部門、エネルギー部門での
売上強化の取組が成果を上げています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事