1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイのホテル運営マイナー・インターナショナルが大幅な赤字【タイ:ホテル・サービス】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイのホテル運営マイナー・インターナショナルが大幅な赤字【タイ:ホテル・サービス】

タイの上場企業で、ホテル運営・外食チェーン運営のマイナー・
インターナショナル(MINT)は2020年第2四半期の業績を
発表しています。
売上70億バーツ、最終損益-84億バーツの赤字となりました。
昨年同期は売上314億バーツ、17億バーツの黒字でした。

タイ国内では、長らく新型コロナウイルスの新規国内感染者が
発生していないものの、タイ保健局などを中心に慎重論が
続いています。

当初タイ政府は2020年6月下旬、感染拡大に歯止めがかかったと
みられた日本、香港を含む中国、韓国、シンガポールからの
短期出張者や医療観光の患者らの入国を認める方針を
固めていましたが、7月上旬以降、海外で再び感染者が
多発するようになると、検討の留保を余儀なくされることに
なりました。

マイナー・インターナショナル社の赤字額は過去最大であり、
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で世界中で渡航制限が
起きたことが響いたとしています。
主力のホテル事業の売上高は外国人観光客の減少を受けて
91%減となりました。

同社はタイ国内・海外のホテル運営と、飲食、小売チェーンが
柱となっています。
ホテル事業では「アナンタラ」や「マリオット」などの
ブランドで、世界55カ国に526のホテルやサービスアパートメント
を展開しています。
飲食事業では26カ国で計2300店以上のレストランを運営しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

月を選択