タイの清涼飲料水大手サームスック(SSC)

アメリカのペプシコ傘下のペプシ・コーラ(タイ)トレーディングスは2013年4月に
ペットボトル入り飲料水を発売しました。
タイ大手メーカー「TCCサイアム・ドリンキングウォーター」に生産委託して
ブランド名「AQUAVESS」で販売していきます。
600ミリリットル入りで7バーツ。
第3四半期には1リットル入り飲料水製品も投入します。

ペプシタイの幹部は、タイの飲料水市場規模が年率で+10~15%成長を続けていると
コメントしています。
タイ国内のペットボトル飲料水市場では、
ビールメーカーのシンハー社が20%超のシェアを持ちトップになっています。
2位はクリスタル(16%)社が続きます。

市場調査会社のニールセン・メディア(タイランド)社では、
2011年の飲料水市場は合計1500億バーツ。
ペプシ・コーラのボトリング会社、サームスック社(SSC)が同ブランドのボトリング
契約満期を迎えていて、サームスック社は独自ブランド「est」エスブランドを立ち上げ、
ペプシとは競合する関係となっています。
種類別の売上高は大まかに以下のような規模になります。
飲料のタイプ              売上高
1 炭酸ソフト・ドリンク         400億バーツ
2 エネルギー飲料・栄養飲料       200億バーツ
3 緑茶ボトル飲料            120億バーツ
4 ミネラル・健康飲料          100億バーツ
5 飲料水                 80億バーツ

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。