タイの交通事故数

2012年度のタイの交通事故件数では道路での交通事故によって100,000人あたり12人が死亡していると発表されました。
また、国際的な水準としては第6位であるとしています。
※日本の全国平均 は4.8人で10万人あたりで15,442件の事故発生件数があります。

Toyota Motor Thailand社とHonda Automobile (Thailand)社では既に交通事故への啓発・予防運転のための指導やプロモーションをしています。
タイトヨタでは50周年を記念し交通モデル都市の育成支援を発表。
”ホワイトロード”キャンペーンと言う安全運転促進広告を25年前から行っています。
若い人向けに交通ルールとマナーを教習しています。

バンコクBangkok (2004年より)
ナコンラチャシマ-Nakhon Ratchasima, ピサヌロークPhitsanulok ナコンシータマラートNakhon Si Thammarat.
などで実施予定となっています。
Toyota社では児童向けにおよそ150万人に向けてすでに交通事故を避けるための
講習をおこなっています。

Honda社では10のトレーニングコースを建設、チョンブリ県、ソンクラー県、ピサヌローク県、ウドンラチャシマー県などで展開。
道路安全運転の試験走行ができるようにしています。