アジアの成長に関して

アジア開発銀行(Asian Development Bank、ADB)では、2050年のアジアは
欧州と同じように豊かになっている可能性があると発表しています。
ただし、格差や汚職、気候変動などの問題を解決することが必要という報告書
を発表しました。

ADBは報告書『Asia 2050: Realizing the Asian Century
(アジア2050:アジアの世紀を実現するために)』の中で
「アジアは、歴史的な変革のさなかにある」と指摘し、現状の傾向から推測すると、
2050年までに世界の経済生産高の半分をアジア地域が占め、現在の欧州と同水準の
収入がある人がアジアで30億人増えると予測しています。

バンコク、ジャカルタ、クアラルンプール、ホーチミンでは急速な経済成長が
始まっており、不動産、オフィス、一般消費セクターなど大きく成長が進んでいます。
繁栄に向かう数十年の道のりを牽引するのはアジアの7大経済大国、中国、インド、
インドネシア、日本、韓国、タイ、マレーシアだとしています。

人口の少ないマレーシアも含まれています。
またベトナムが入っていないのも興味深いです。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。