タイの人材ウェブサイト

クイーンシリキットセンターにてタイの就職フェアを見学してきました。
JOB.DBと言うタイのウェブサイト就職サイト(日本で言うリクナビ?)の主催で
開催されていて、金土日の3日間開催されていました。

若者を中心に事前登録をすること、各社は大手企業から人材登録派遣会社まで多数。
インターネットで登録し、求職する流れがよりいっそう進んでいます。

タイでは労働者の韓国語習得へ向けて
労働部門局が韓国語習得へのフォローをおこなうとしています。
韓国語学校への補助などを進めて韓国での労働への機会を向上させるのが狙いです。

韓国語学校は労働者向け許可システム(Employment Permit System)
を導入後、急速に成長しています。
またこのテストの不合格者率は20%を越えていて対策が必要としています。
2010年現在52000人のタイ人が韓国で労働をしていて
タイ労働部門局Sutthi Sukosol氏は
言語能力向上とともに労働スキルの向上も目指した取り組みを行なう必要を説いています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。