尖閣問題のその後

タイ、インドネシア、フィリピンではまず中間層の大幅な所得増加が起こっている。
残念ながら副業や、所得税を適正に納めるシステムではないので、実際の一世帯
当たりの収入は既存のデータ以上のものがあると考えている。

中間層の拡大で消費活動も活発化している各国では、経済規模が大きく拡大し、
中国やインドに次ぐ市場として注目が集まっている。
特に欧米の投資家ファンドの資金流入が増えている。

インドネシアなどではヴォルクスワーゲンやスズキ、タイではスズキ、タタモーターズ
などが生産拠点を東南アジア域内に置くケースも増えている。

中国では撤退する日系企業が多いものの、タイなどでは比較的撤退よりも増設、
追加進出が増えている事例が多い。
そこにはタイは比較的に裏切って、ひっくり返す文化ではないこと、トップに立つよりも
テクノクラート的な動きを好むタイの文化が多いこともある。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。