タイ モールグループ(未上場) 売上下落予測

タイの高級デパート運営モールグループMall Group(未上場)では第1四半期
では予想よりも売上が下落すると予測しています。
背景には反政府デモ・グループにおける影響が大きかったとしています。
上級副社長Chamnarn Maytaprechakul氏はPathumwan地区、Ratchaprasong地区
での反政府デモがサイアムパラゴンでの売上を落としたとしています。
逆にスクンビット・プロンポン駅前Emporiumデパートでは売上が増加しています。
しかしパラゴン分を相殺出来ないと予測しました。

同グループの第1四半期売上は120億バーツ前後であるとし売上促進のため
ミッドナイトセールを3月27日~4月2日まで開催します。
1つ購入1つ無料、やー50~80%OFFなどで売上12億バーツを目指します。
一方、非常事態宣言は解除されたもののタイ消費者のマインドはまだ改善出来ない
だろうとChamnarn氏はコメントしました。

また2014年度目標売上は下方修正せず500億バーツを目指します。