インドネシア ペルサハーンガスネガラ(PGN)海底ガスパイプラインを構築

インドネシアの天然ガスの生産大手ペルサハーンガスネガラ(PGN)
PT Perusahaan Gas Negara(PGN)はバクリーブラザーズ
PT Bakrie and Brothers(BNBR)とともに200キロの海底ガスパイプラインを
構築するとしています。

Kepodang鉱区からセマランのTambak Lorokコンバインサイクル発電所
までをつなぎます。
建設費用Rp2.75兆ルピアとしています。
バクリー社のPT Bakrie Indo Infrastructureが発表しています。

ガスパイプラインは2015年8月より稼働出来る予定で1日116mmscfd~120mmscfd
の量を供給出来るとしています。
また建設許可の進捗は80%になっています。