1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. 台湾資本、New Kinpo Groupの子会社、XYZprinting社は3Dプリンターをタイ市場へ投入

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

台湾資本、New Kinpo Groupの子会社、XYZprinting社は3Dプリンターをタイ市場へ投入

台湾資本のニューキンポグループNew Kinpo Groupの子会社、
XYZprinting社では、タイをアセアンでの事業拡大拠点として選び、
最初の3Dプリンター投入国にしました。
タイは地元ローカルデザイナーや中小企業数の数が多いため、
3Dプリンターの潜在的な大市場であると分析しています。

XYZprinting社は2017年11月に3DColorJet技術を使用した
世界初のフルカラー3Dプリンター、「da Vinci Color」を
タイ市場に投入しました。

タイ政府の掲げるタイ4.0政策はIT推進も含まれており、
タイがアセアン地域全体で3D印刷事業展開を目標としているため、
XYZprintingのマーケティング戦略にも沿っています。
また、タイは文化と創造力の強い国際的な国であることも
3Dプリンティング市場が伸びる要因だと分析しています。

ニューキンポグループは1989年よりタイの子会社、
キンポ・エレクトロニクス・タイランドを設立し、
その後社名をカルコンプ・エレクトロニクス・タイランド
Cal-Comp Electronics(Thailand)(CCET)に変更、
2001年タイ証券取引所に上場しました。

カルコンプ・エレクトロニクス・タイランド(CCET)社は
電子部品メーカーで、電子部品受託サービス、
Electronic Manufacturing Services(EMS)や
オリジナル設計製造Original Design Manufacturing(ODM)
を手掛け、100か国以上との取引実績を持っています。
同社の2016年度業績は売上1087億2300万バーツ、
純利益11億6800万バーツ、 2017年度1月~9月業績は
売上784億9000万バーツ、純利益9億2900万バーツでした。

XYZprinting社は2013年台湾で設立、2015年XYZprinting
(Thailand)を設立しました。
アセアン市場での販売拡大における最大の問題は、
多くの人々が3Dプリンティングに関する知識が不十分である
こととしています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事