タイ東北部ブリラム県でMotoGP Grand Prix関連の観光事業が進む

タイ東北部にあるブリラム県では2018年10月開催予定の
MotoGP Grand Prixに向けて、観光客の宿泊・観光案内等の
準備を進めています。

同イベントは世界中から20万人以上の来場者を
予定しています。
タイ観光当局は車イス用スロープ、歩道、トイレ、
情報センターなどの設備改善フォローアップを開始していて、
タイの地方・地域社会により多くの収入を生み出す機会である
と期待しています。

MotoGP Grand Prixは世界中で開催されるオートバイの
ロードレース世界選手権です。
1949年から開始され、排気量別に3つのクラスMotoGP、Moto2、
Moto3に分かれます。
タイヤサプライヤーはミシュラン(MotoGP)、
ダンロップ(Moto2、Moto3)となっています。

タイ国内では2108年10月にタイ東部ブリラム県のチャーン・
インターナショナルサーキットChang International Circuit
で行われます。
(http://www.bric.co.th/)

チケットはPTT THAILAND GRAND PRIXの名称で
販売されています。
タイ観光省でも地方県のアイデンティティを高めるため、
ブリラムの観光イベントを支援しており、観光旅行者
増加を目指しています。

ブリラム県はタイ東北部県の一つで、サケオ県、
ナコンラチャシマ県、コンケン県、マハサラカーム県、
スリン県と接し、さらにカンボジアとの国境を接しています。
強豪ブリラムフットボールクラブを有する県としても有名です。
面積は10,000平方Km以上で人口は150万人以上、
東北部でも大規模な地方都市の一つです。