1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. ムアンタイ生命保険では成長鈍化を予想【タイ:生命保険】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

ムアンタイ生命保険では成長鈍化を予想【タイ:生命保険】

タイの生命保険業界は毎年二桁成長を続けてきましたが、
2019年1月以降は達成困難になるだろうとムアンタイ生命保険
(MTL)は予想しています。

タイ国内でもデジタル化の波が訪れ、消費者の生活スタイル
変化があり、保険加入に対する説明強化規制などが
導入されるため、保険業界の成長が厳しくなると
予想されています。

タイは金融セクター評価プログラムを適用するように
設定されています。
これは国内ローカル保険会社が保険監督者国際機構
(IAIS:International Association of Insurance
Supervisors)の保険基本原則(ICP:Insurance Core
Principles)の下で評価されることを要求するものです。
保険基本原則(ICP)は、国際基準を満たすために
各地域の規制当局および事業者の有効性を評価します。

タイ国内の各保険会社も販売プロセスの品質管理に
注意を払い、品質管理システムを見直す必要があります。

タイ保険業界は各社がリスク・ベース資本2
(Risk-Based Capital2)や国際財務報告基準17
(IFRS17:International Financial Reporting Standard 17)
など、2023年に実施予定の新しい規制体制に備えるために
必要であるとしています。

ムアンタイ生命保険では2年間に渡りポートフォリオ見直しを
進めてきました。
保険収入は傷害・保証保険の収益が64%で、
過去の30~40%から大きく伸びています。
一方、初回加入保険などの比率は下がっています。

ムアンタイ生命保険では「Extra Care Plus」を立ち上げ、
総合的なヘルスケア保護を狙い、健康保険を提供する
仕組みを導入しています。
利用者は数千バーツの負担で、タイ全国400以上の
病院ネットワークにて最大400,000バーツの医療費用
(追加保険料の前払いなし)がカバーされます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事