1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. サンダル大手ナンヤンは海洋汚染問題に取り組む新ブランド立ち上げ【タイ:環境・製造】

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

サンダル大手ナンヤンは海洋汚染問題に取り組む新ブランド立ち上げ【タイ:環境・製造】

海洋ゴミによる環境汚染問題はタイ国内でも懸念が
高まっています。
学生用キャンバスシューズとサンダルメーカーとして
有名なナンヤン・グループ(未上場)は、海洋ゴミを集め
ビーチサンダルに変える環境・経済解決策を模索しています。

子会社のNanyang Marketing Co社では
ゼネラルマネージャーChakrapol Chandavimol氏が
毎年800万トンの海洋ゴミが確認されているという
テレビ報道を見たことがきっかけになったとしています。

タイは世界で6番目の海洋汚染ランク国であり、
年間15万9000~41万トンの海洋ゴミを確認しています。
また、サンダルはプラスチック製品ゴミと同様に海洋ゴミの
大部分を占めており、月に50万のビーチサンダルが見つかると
しています。

同グループ子会社のNanyang Industry Coと
Nanyang Marketing Coでは、非政府組織であるTlejournと
協力し、海洋廃棄物を削減する目的で新ブランド
「Khya flip-flop」を立ち上げました。
タイ語でゴミを意味するKhya(カヤ)を付けた同ブランドは
2019年8月より小売店で販売開始されています。

オンラインではwww.khya.com、Shopee、Lazada、
Thailand Post Mart、Thailand Postなどで予約注文を
受け付けました。
完成した製品は2019年11月に予約者に配送されます。

今回の製品は1000個のみの製造で、Khyaブランドからの
収益は持続可能な開発組織に寄付され、持続可能な
製品開発は引き続き同社の製品に応用・適用される
計画であるとしています。

タイの靴市場は200億バーツと推定されています。
このうち、80億バーツがスポーツシューズと
ファッションシューズから、50億バーツが学生シューズと
サンダルから、20億バーツはその他カテゴリーからと
されています。

Nanyang Groupでは、タイ国内の消費者支出と低出生率
低下のため2019年上半期の学生用キャンバスシューズ市場は
横這いだったとコメントしています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事