タイ シンガポール フレイザー・アンド・ニーブ(F&N)

タイのビール会社財閥のチャルーン・シリワタナパクディー氏は、
シンガポールの不動産・飲料大手フレイザー・アンド・ニーブ(F&N)
の経営権を取得したことを発表しています。

合計取得金額は138億Sドル(110億USドル規模)の買収提案がまとまり、
シンガポールの飲料/食品事業大手のF&N社の
経営権を取得できることとなりました。

チャルーン氏率いるTCC Asset社の提示額1株9.55Sドルに対して
不動産大手オーバーシーズ・ユニオン・エンタープライズ(OUE)
率いるコンソーシアムは、1株あたり9.08Sドルで、TCC側には及びませんでした。

日本の飲料会社のキリンホールディングスはF&N社の14.8%を保有していますが
この買収合戦に敗れたために 保有株式は売却する計画です。