タイの外食市場

タイのレストラン協会(TRA)ではタイの大洪水の影響で2011年度の外食市場は
2010年度外食市場規模3000億バーツからマイナス10~15%まで下落する見通し
を出しています。

バンコク北部まで浸水被害が及び、弊店になった店舗が多いこととナワナコン
工業団地などの食品生産工場が閉鎖になったことで8番ラーメンなどの店舗は
全店閉鎖に追い込まれるなど食品生産工場が多く被災したことが理由になっています。

12月は国王の誕生日など、イベント行事が多く集中する時期で外食産業にとっては売上げ
が大きく伸びる時期にも関わらず伸び率は少ないと見ています。

外食産業全体が受けた損失額は60~70億バーツと見ていてタイ政府に対しては中小規模の
外食事業者向け低利融資を求めています。