1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイオイル(TOP)

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイオイル(TOP)

タイ国営石油(PTT)傘下の石油精製最大手タイオイル(TOP)は、競争力強化を
目的に同業2位のエッソ・タイランド(ESSO)の買収を検討していると明らかに
しました。
事業化調査を進め、4カ月内に結論を出す方針。
仮に買収が実現すると東南アジア最大の石油精製会社になります。

スロンCEOは、両社が東部チョンブリ県シラチャーに製油所を設置しており、
買収により相乗効果を見込めることを理由に挙げています。

製油能力は、タイオイルが日量27万5000バレル、エッソ(タイランド)が
17万7000バレルとなっています。
買収が実現すると、タイオイルは、英蘭系シェルのマレーシア事業、
シンガポール事業を抜き、東南アジア最大の製油会社になります。
ただ、商務省国内通商局事業競争部は、タイオイルのエッソ(タイランド)
買収が事業の独占につながる可能性があるとして、監視する方針を明らか
にしています。

2010年度のタイオイル(TOP)の業績は
売上3243億5100万バーツ  純利益では89億9800万バーツとなっています。

エッソ(タイランド)は、製油事業、石油化学事業、全国で給油所を
運営しています。
製油会社を上場させるタイ政府の方針で、2008年5月、タイ証券取引所(SET)
に上場しました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事