1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイの政治

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイの政治

総選挙実施日まで1ヶ月をきることとなり、7月3日投票のタイ総選挙で、
タイ国初の女性首相候補となったタクシン元首相の実妹、インラック・
シナワット候補(プアタイ党)が人気を集めていて、タクシン元首相への反感が
根強いとされた首都バンコクでも「インラック効果」で貢献党が支持を
広げています。

5月28日、最大票田となる、バンコク・ルンピニー公園で初めて選挙集会を開催し、
周囲は大渋滞で会場には約1万人が集まりました。

インラック氏の人気急上昇振りを受けて、タクシン氏支持政党のプアタイ党では
今回、小規模政党との連立はしていかない可能性を示唆しています。
2009年度からの民主党政権はまず元タクシン派グループであったネーウィン派の
プームチャイタイ党を巻き込み、連立。
その後小政党のチャートタイパタナー党、チャートパタナープアペンディン党を
組み入れました。

プームチャイタイ党の一部幹部は今回の選挙運動で「次期政権にはプアタイ党と
組む可能性が強い」と発言して支持者周りをしています。
また別幹部は、選挙後いかなる結果でもプアタイと組む可能性はないとしている
ケースもあり、東北部支持基盤のかなり強い、プームチャイタイの獲得議席数
次第では大きく政権の動きを左右する可能性があります。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事