タイの自動車部品の株価の反応

インラック政権の発表した初回自動車購入者減税スキームの影響で自動車部品
メーカー関連株に影響が出ています。

自動車部品大手マレーシア系企業のアーピコハイテック(AH)では一時は13.80
バーツまで上がりましたが金曜日で13.30バーツ。
それほど大きく変化はしていません。

自動車部品大手ソンブーン・アドバンス・テクノロジー(SAT)
金曜日で24.00バーツでこちらも大きく変化はしていません。

自動車部品の大手ヤナパン(YNP)ではSP, NPサインが出ています。
財務諸表が基準に満たされていないとして2011年度第1四半期~第2四半期のレポート
に不備があるため取引停止になっています。

カシコーン銀行傘下のカシコーン証券は初回購入自動車税還付制度はタイ国内の
消費者に魅力的であり、タイ国内自動車販売を押し上げる要因になると分析しています。