タイの食品セクター

タイの農業セクターの関連株銘柄は同じく今回の災害での備蓄確保などの需要が
上がっていますが、現時点で大きな株価の動きはありません。

食品大手チャロン・ポカパン・フーズ(CPF)は、今回の大洪水の影響で鶏卵生産が
減少しています。

また砂糖価格も今後上昇可能性がありますが、砂糖の製糖大手コンケン・シュガー
インダストリー(KSL)と同じく、製糖事業のコンブリ・シュガー(KBS)はさほど株価に
影響がありませんでした。

コンブリ・シュガー(KBS)はKHONBURI SUGAR PUBLIC COMPANY LIMITEDとして
2011年5月に新規上場をしています。

本社住所は164 Soi Sukhumvit 23 (Prasarnmit) Sukhumvit Rd, Klongtoey Nua,
Wattana BangkokでWebsiteはこちらです。www.kbs.co.th
2011年度の上半期の売上48億9800万バーツで、純利益6億8900万バーツとなっています。

ライバル社のコンケンシュガー(KSL)では2010年の通年業績が売上123億8000万バーツで
純利益で1億5800万バーツでした。