タイ タイコム(THCOM)

衛星放送事業を進めるタイコム(THCOM)ではここ数年の赤字経営から
黒字化できるとコメントしています。
旧名シンコーポレーション社、現在インタッチ(INTOUCH)社が株式を
41%保有するタイコム社は、過去タクシン・シナワットThaksin Shinawatra氏の
所有するシングループ傘下企業でした。
今後20年間使用してきた会社ロゴを変更します。

タイコムCEOのSuphajee Suthumpun氏は新型衛星のThaicom 8、
ブランド名iPSTAR 2は2014年または2015年には打ち上げるとしています。
またiPSTAR衛星の利用率はこれまでの25%から40-50%まで上がるとしています。
Thaicom 9は50.5度角度の東側の国々をカバーするための衛星で中東やアフリカ、
欧州向けのサービスで打ち上げます。

タイコムの2011年度業績は第3四半期までで、売上55億7800万バーツ
純利益でマイナス1億7500万バーツですが、近年赤字経営が続いている状態は
数年後黒字化できるとコメントしています。