タイ エアポートオブタイランド(AOT)

バンコクのハブ空港、スワンナプーム国際空港でリエントリーパーミット
(再入国許可)の発給がほぼ2年ぶりに再開されていました。
発給場所は旅客ターミナル4階、出発ロビーの出国審査所(左側)になっています。

有効期間が残っている査証(ビザ)がある旅券(パスポート)、写真1枚、
手数料(1回1000バーツ、マルチプル3800バーツ)を準備する必要があります。

これまでは出国前までに失念していても、スワンナプーム空港でリエントリー申請
すれば再入国時でもビザの失効を回避出来ていたものの、ここ2年は不可能でした。
今回多数の苦情と要望があって実現した模様です。

他にもインターネットが有料でないと利用できない、お手洗いが少ない、
移動距離が長い、出国までの手続き時間が長過ぎる、スタッフの接客レベルなどなど、
クレームはシンガポールや香港に比べて多いとされています。

また、バンコク都内~スワンナプーム国際空港を結ぶタイ国鉄(SRT)エアポートリンク
のマッカサン駅で2011年1月4日から、タイ国際航空(THAI)、バンコクエアウェイズ、
ルフトハンザの航空3社が旅客チェックインサービスを開始する予定であることを発表
しています。
チェックインサービスの稼動後、エアポートリンクの運賃はシティラインが一律
15~45バーツ、エキスプレスが150バーツに値上げされます。

バンコク市内チェックインサービスが本格始動すれば、スワンナプーム空港で搭乗
する飛行機旅客はマッカサン駅内で搭乗手続きをして荷物を預けることができる
ようになります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。