タイ セントラル系パワーバイ

タイの商業大手セントラルグループ傘下の家電量販店グループ・パワーバイ
Power Buy Co社では2016年以降に始まるアセアン経済共同体への布石として準備を
開始するとしています。
イギリスの家電専門店のコメットComet http://www.comet.co.uk/の
最高責任者であったBob Darke氏を新しいパワーバイ社の代表に起用しています。

2012年12月に家電販売チェーン、コメット社は破綻しています。
1933年に事業をスタートし79年の歴史を持っていた同社は最大で6,000名の
社員を抱えていました。
同社の負債は2億3300万ポンドでした。

セントラルグループでは過去にも外国人を旗艦企業の中の代表に起用したことがあります。
Central Retail Corporation(セントラル大型小売り部門)
Central Food Retail(セントラル小売りのスーパーマーケット部門Tops supermarketsとSuperSportを経営)
B2S(セントラル文房具、書籍チェーン部門)

また特にバンコク郊外のタイ人向けにブランドPRを強化するとしていて
Power Buy ショップの独立型店舗を拡大していく考えを示しています。
※これまではセントラルプラザ店舗内、ロビンソン店舗内がほとんどでした。

Power Buy社では13億バーツを店舗拡大へ投資し、9億バーツ分は11店舗の
新規開店資金、残りはマーケティングとPR資金とします。
4店舗は独立型店舗、およそ3~5ライの面積で、ナコンシータマラート地区、
ウドンタニ地区へ建設します。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。