タイの財閥 29 30 メジャー・シネプレックス タイラット・グループ

メジャー・シネプレックス(MAJOR)
タイの国内最大の映画館数を展開。
またボーリング場経営、カラオケ事業なども併せて運営。

メジャーシネプレクッスはタイ全国の映画館の80%を占めていて、
同企業の売上がタイ映画業界の物差しとなる。映画館数では、
バンコク300館前後 タイ全国500館前後である。
代表はVicha Poolvaraluck氏。2012年度の売上は75億バーツ(220億円規模)

タイラット・グループ
Vacharaphol財閥。
タイラット紙はタイ国内最大の大衆紙と呼ばれている。
およそ100万部発行のタイ語新聞。

タイでは識字率が高いので大半のタイ人は文字が読める。
社会面を得意とする大衆新聞。紙面は2欄構成。第1部はニュースであり、
事件・事故のセンセーショナルな大見出しが多い。
ワッチャラポーン社のガムポン・ワッチャラポーンが1962年創刊。