シンガポール タイビバレッジ(THBVE)

2013年上半期はヨーロッパからサッカーのメジャーチームが立て続けに
タイを含めた東南アジア各地域を訪問しました。マンチェスターユナイテッド、
チェルシー、リバプール、FCバルセロナなどもタイを訪問しています。

タイ訪問にはアルコール系飲料メーカー、シンハービアーやビアチャーンを
製造するタイビバレッジなどがスポンサーとなっています。
背景にはタイ政府の方針でタイではお酒のCMが禁止されているため各アルコール
飲料メーカーはスポーツや看板などの広告にシフトをしなければいけないためです。

またタイビバレッジ(THBVE)社もタイ証券取引所上場IPOを計画していましたが
宗教団体に反発をくらい、シンガポール証券取引所(SGX)へ上場しました。

THBVE社の2012年度の売上では1610億バーツ(前年比+21.8%増)
純利益では284億バーツ(前年比+136%増)となっています。