タイ アセアンの金融機関

2015年度のAsean Economic Community (AEC) の開始で
金融ビジネスに関しても大きなビジネスチャンスがあると見られています。
特にアセアン後進国のCLMV (カンボジアCambodia, ラオスLaos,
ミャンマーMyanmar ベトナムVietnam)の4各国はまだまだ金融インフラが整っておらず
アセアン先進国のシンガポール、マレーシア、タイなどが進出の機会を
伺っています。※世界銀行のデータによると各金融機関の数は以下の通り。

        商業銀行数 10万人あたり支店数  10万人あたりATM数
カンボジア    32行       4支店        5ATM
ラオス      23行 2支店        4ATM 
ミャンマー 23行 N/A N/A
ベトナム     47行 3支店        18ATM  

マレーシア    26行 11支店        54ATM  
シンガポール  123行   11支店 59ATM
タイランド    31行       11支店        78ATM
インドネシア  132行       N/A         N/A  

カンボジアの主な銀行 ACLEDA銀行 Canadian銀行 Cambodian Public銀行
ラオスの主な銀行   BECL銀行 Lao-Viet銀行 Joint Development銀行
ミャンマーの主な銀行 Kanbawza銀行 Cooperative銀行 Asia Green Development銀行
ベトナムの主な銀行  Vietcom銀行 BIDV銀行 Viietin銀行

マレーシアの主な銀行 Maybank  CIMB銀行 Public銀行
タイの主な銀行     バンコク銀行 クルンタイ銀行 カシコン銀行   
シンガポールの主な銀行 DBS OCBC UOB
インドネシアの主な銀行 マンディリ銀行  ラクヤット銀行 セントラルアジア銀行 

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。