タイのサイアムピワット社、5カ年計画を発表

タイのサイアムパラゴンの開発などを手掛けているSIAM PIWAT(未上場)では
5カ年計画を発表していて、550億バーツを投資して新プロジェクトを進めます。
2015年~2019年までの事業計画ではバンコク都心とその他地区と分け、さらに
潜在的なアセアン近隣国への投資も計画するとしています。

タイのサイアムパラゴンの開発などを手掛けているSIAM PIWAT(未上場)では
5カ年計画を発表していて、550億バーツを投資して新プロジェクトを進めます。
2015年~2019年までの事業計画ではバンコク都心とその他地区と分け、さらに
潜在的なアセアン近隣国への投資も計画するとしています。

サイアムピワットSiam Piwat社はバンコク有数の商業モールであるサイアムパラゴン、
サイアムセンター、サイアムディスカバリーセンターなどを経営。
また、アイコン・サイアムと呼ばれるチャオプラヤー川沿いの巨大商業施設へも投資を
進めているところです。

開発事業はマグノリア・クオリティMagnolia Quality Development社、
チャロンポカパーングループと共同で2017年度に開業予定となります。
10年後には回収できるとしています。
550億バーツのうち、420億バーツは7~8の不動産開発へ投資。
その中で200億バーツがアイコンサイアム事業、残りは3~4の事業を娯楽分野、芸術、
文化事業への投資とするとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。