タイのECコマース事業への課税に関して

タイ国内におけるEコマース事業を進めている事業者のうち、20~30%は公租税システム式な
租税システムを導入しておらず、そのため2015年からは法律を遵守していない
企業にはペナルティや罰金を導入するとしています。
タイの税収局では最大200%の重加算税、月額+1.5%の利子も加えるとしています。
同局ダイレクターのPrasong Poontaneat氏はおよそ9万社がまだ公的な
租税システムの外にあるとしています

タイ国内におけるEコマース事業を進めている事業者のうち、20~30%は公租税システム式な
租税システムを導入しておらず、そのため2015年からは法律を遵守していない
企業にはペナルティや罰金を導入するとしています。

タイの税収局では最大200%の重加算税、月額+1.5%の利子も加えるとしています。
同局ダイレクターのPrasong Poontaneat氏はおよそ9万社がまだ公的な
租税システムの外にあるとしています。
2012年、同局調査で1,300社のEコマース会社が確認され1億バーツが徴税され、
600~700社が監査・確認中であるとしています。

例を挙げると200万バーツの売上で10万バーツの純利益であった場合、
納税していない場合三年間にさかのぼって70万バーツ以上を徴収するとしています。
2013年度は90万社のEコマース事業者があり、14万社が小売事業で、そのうち9万社
はまだ 公式な税制に関して組み入れられていないとしています。

今後、各事業者へ周知徹底しないと脱税の温床になるとしていて、
Thai E-Commerce Association:タイEコマース協会会長の
Pawoot Pongvitayapanu氏は小規模事業者が多すぎるため、法的組織、個人事業者
としての 認識が不十分であるとしています。
また多くの小規模販売者はFacebookやInstagramでの販売が多いとしています。