タイの鉄道開発に向けて

タイ国交通輸送省では新しい交通局を2015年までに設立し、次の10年間で
巨額予算を使用して鉄道インフラを拡充させるとしています。
現在軍事政権によって検討中で、実現出来れば2015年から10年間でタイ国内の
鉄道ネットワークは現時点の4,000キロメートルから倍増するとしています。

タイ国交通輸送省では新しい交通局を2015年までに設立し、次の10年間で
巨額予算を使用して鉄道インフラを拡充させるとしています。
現在軍事政権によって検討中で、実現出来れば2015年から10年間でタイ国内の
鉄道ネットワークは現時点の4,000キロメートルから倍増するとしています。

タイの交通輸送省では2015年~2025年でおよそ1.94兆バーツを掛けて
鉄道関連予算 1兆220億バーツ(52%)  道路整備 7,064億バーツ(36%)
航空産業 1,392億バーツ(7%) となっていて、特に鉄道関連予算を執行する
ため専門部署を用意したいとしています。

また鉄道整備は将来的にタイの輸出関連をサポートするために必要な事業である
とし、現政権が進める必要性を強調しました。
またタイ国鉄State Railway of Thailand(SRT)の役割として運営管理を
バンコクメトロやBTS等と連携出来るとしています。